スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vox amPlug 買っちゃいました! 

シンプルで欲しいのはコレコレ!って感じで、
買ってしまいました。

VOX amplugのAC30モデル
変換プラグ買えばウォークマンとも繋げる!
VOXのHPで音が聞ける。

↓サウンドハウス
自分が買ったのはコレ。他にもマーシャル、メタルがある
音は大満足。アナログらしくノイズもそのまま出る。

よく歪んでどんな曲にも合いそうだし、




アレ??だけど、なんか弾き難いんだよね。



・・・










071117_1733~001.jpg


メッチャ肘、当たってるやんけ!!
左利き用ギター(SG)買うまで、タンスの肥しか・・・。
マジで気付かなかったわ。
スポンサーサイト

完成したギターで 

最近スタジオに入っています。でもまだまだ左で弾けません。
コードだけ決めて適当にやったりして、楽しませてもらってます。
自分は弾けてないけど。

ジミヘンみたいなピッキングやりたいんだけど、
落としやすいから
めっちゃ薄いピックを試してます。0.5mmとか

すごく弾きやすいけど
スタジオで割れちゃった。熱いぜ!


ギターを完成させた事でフィルタートロンの音が良くわかる。

芯がある。しまりがある。
カッティングは強烈だ。ストラトだし。

タップはレンジを狭めてミドルだけ残した感じ、シングルっぽい高音の暴れ方とかはない。
ギターだけ聴くと明らかにハムより劣っている気がするけど、
バンドの中では悪くないような気がする。

ナット削り 

グラフテック。
買って来たサイズの中で自分のギターに一番使いやすそうな物は、
43.21×4.21×8.43でした。

御茶ノ水で買いました。
裏の説明にはテンションバーも変えるべきと書かれていました。
テンションバーも滑るの出ているのか!ってかすげー便利!
ってと思ったら売り切れでした。みんな買うんだなぁきっと。

サウンドハウスにありました。
テンションバー。もう一種類もあるからチェックして。普通に買うより安いです。


作業工程ですが、集中しすぎて画像を取り忘れました…。

http://ha8.seikyou.ne.jp/home/tk53/
こちらのサイトを参考にして作りました。また、ナット用ヤスリ4本セットも購入しました。1200円
4本ヤスリについては太すぎでした(アコギ用)。
細い三本を中心に使い、高音弦は家に有った目立てヤスリを使いました。

☆ポイントだけ載せます。

私が幅の広いナットを利用したのはチューニングをより良くする為です。
ナットの溝を広げるのに彫刻刀を使いました。

○ナットによるチューニングについて
太い弦がシャープするのはナットが1フレットから離れているために起こります。
元あったナット溝を一フレットよりに広げて取り付けました。
そうすることでナットと弦との接点をコントロールできます。
(これで普通にやるとナットの高さにバラつきが出てきます。そこでナットが高いけどこれ以上、低く削るとフラットになっちゃうって所の接点を後ろに(ヘッド側)に下げる(山を作る)のです。)

注意:以上を行う前にサドルの調節をしなければなりません。
○サドルの調整について
1フレットと13フレットでチューニングして、
開放(ナット)音がシャープしている状態から
「ナットによるチューニング」に入ります。

○ナットの接着面について
ナットの溝を広げたので、ナットがなかなか上手く咬み合いませんでした。
そこで思いついたのが!「朱肉によるチェック法」です。
ナットに朱肉を付けて、溝に入れて擦ります。
すると強く接している所に色が濃い朱肉が残ります。
そこを削っていけば接する面を広くとれます。

↑をやって驚いたのが残っている接着剤の多さです。
目に見えるより大変多くの接着剤が残っているのが解ります。
ナット交換する方、みなさん是非この「朱肉によるチェック法」を試してみてください。


☆改善点
カスタムショップが作ったナットは弦の中心を基準に間隔を取っていましたが、
自分にはかなり弾き難く感じました。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar/7571/nut.html
こちらに載っている様に弦の間を等間隔にする方が好みです。
でも専用定規を持っていないので適当にやりました。



そして完成!後は好みの弦を張って微調整するだけです。
自分的には満足です!それに経験値が上がったぜぃ♪

前回の続きです。ギターいじり 

なんか合っていると思ってたピッチ6弦が
オクターブ調整していると結構ずれてきちゃって

ちょっとカスタムショップにムカついた。
気が弱いからめんどくさい。

んで、元のトレモロを付けてナットを自分で作る事にした。
トレモロの穴を塞ぐのが大変そうだし、
4本でも安定してそうなので
6本止め→4本にした。

ナットはグラフテックとTUSQ(タスク)を買った。
違うものを試せるのと、失敗しても良いように。

ナットの幅を広くしてヤスリの角度などで音程を安定させる作戦!
幾つかの大きさを買ってきたんだけど、

続く

フィルタートロンをタップ改造 

フィルタートロンでもシングルの音が出したい。と思ったのは
フィルタートロンを買おうとしているときに
たまたま「2ちゃんねる」で
「フィルタートロンをシングルにするとハイロートロンの音になる」
と言うの見てずっと気になっていました…。

まずは金色のネジをはずし
半田で蓋が止められているので外しにかかりました。



・・・だめだぁ全然溶けない…。
しかも表面の蝋が溶け出してピックアップの中に滴り落ちました。
げ、壊れちゃうかも…。


諦めようかとぼーっと
と、(すでにハムの線がある方の)ネジ穴を覗いてみると

緑色の線が見えました。
(あれを引っ張ればいいのかもしれないし、そうじゃないかもしれない…)

えぇーい、力ずくだぁーー!!
手でガバッ!
firuta-toron


あれ?以外簡単に取れました。しかも結び目もちゃんとあるし。
はじめからこうしておけばよかった。
フィルタートロンの方が楽かも

黒いテープを取って結び目をより線で繋げばOK
後はテープなどで絶縁して完成!

改造は自己責任。

参考http://www.matsumin.net/diy/manual.html
大変、参考になるページです。改造などでいつもお世話になっています!

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ハウロウ? all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。